補装具について

補装具について


障がい者等の身体機能を補完し、または代替し、かつ長期間にわたり継続して使用されるもので、義肢、装具、車いす、電動車いす、義眼、補聴器、重度障害者用意思伝達装置などのことをいいます。

新規での申請には医師の診断書が必要です。

対象者

補装具を必要とする身体障がい者・障がい児、難病患者等
※難病患者等については、政令に定める疾病に限ります。

自己負担額について 

自己負担額は原則1割とされており、申請者の所得等により負担上限額が設定されます。
hyou1
所得を判断する際の世帯の範囲は、次のとおりです。
hyou2

補装具の申請に必要なもの

・補装具費(購入・借受け・修理)支給申請書
・身体障害者手帳
・意見書・処方箋(指定医療機関に記入してもらいましょう) ※様式は役場福祉支援課の窓口にもあります。
・見積書(医師の処方箋をもとに、業者と相談してください)
・所得課税証明書 ※1月1日に竹富町に住所が無い方
・マイナンバーがわかるもの
・印かん(認印でも可)

修理の申請について

補装具は修理の申請が可能です。申請に医師の診断書は必要ありません。

申請の流れ

役場福祉支援課窓口にて申請ください。
沖縄県身体障害者更生相談所による判定後、給付決定となります。
支給が決定した場合、決定通知と給付券が発行されます。
役場福祉支援課より決定通知と給付券が届いたら、業者に連絡して補装具を受け取ってください。
(※申請から決定まで約2か月~3か月程かかります。)

詳細につきましては、
竹富町障がい福祉のしおり」をご参照ください。(※クリックすると該当ページへジャンプします)

このページは福祉支援課が担当しています。

〒907-8503 沖縄県石垣市美崎町11番地1
Tel:0980-83-7415   Fax:0980-82-3745
E-mail:fukushi@town.taketomi.okinawa.jp

ページのトップへ