松くい虫被害侵入防止にご協力ください

  1. 松くい虫被害侵入防止にご協力ください

松くい虫被害侵入防止にご協力ください


 沖縄県内ではリュウキュウマツが真っ赤になって枯れてしまう松くい虫被害が深刻化しています。梅雨明け後の7~9月頃に葉の変色がはじまり2~3週間という短い期間で枯れてしまい、さらに周囲のマツにも影響が拡がっていくことで大きな被害となります。八重山圏域では未発生ですが被害の防止、早期対応が必要です。マツ材を使用した製品の八重山圏域外からの持ち込みに注意し、野外放置等をしないようにご協力ください。

マツ材を使用した木箱、パレット、ボビン等が松くい虫被害侵入の原因となります。これらの持ち込みに注意するとともに、野外放置をしないようお願いします。
 

○松くい虫被害を受けた樹木は枯れ方に特徴があります


松くい虫被害を受けた松は、古い葉から先に枯れはじめ、2、3週間で全体が枯れます。

古い葉から枯れ始める、2~3週間という短期間で全体が真っ赤になって枯れてしまうといった症状のリュウキュウマツを見かけた場合は竹富町役場農林水産課(0980-82-3116)までご連絡ください。


 

このページは農林水産課が担当しています。

〒907-8503 沖縄県石垣市美崎町11番地1
Tel:0980-82-3116   Fax:0980-83-5863
E-mail:norinsuisan@town.taketomi.okinawa.jp

ページのトップへ