ミカンコミバエ侵入防止について

  1. ミカンコミバエ侵入防止について

最終更新日:2021年07月05日

ミカンコミバエの再侵入防止にご協力お願いします。

ミカンコミバエは、主に果実等に寄生する大害虫ですが、1986年に沖縄県全域から根絶しており、現在日本では生息していない虫です。しかし、台湾やフィリピン等の東南アジアでは今でも生息しており、台風等の風や人及び物流により再侵入する可能性があり、それを防ぐために関係機関と連携し、現在でも定期調査、予防防除を行っています。防除へのご理解、ご協力よろしくお願いします。
なお、侵入防止対策の詳細は下記のチラシをご参考にお願いします。ミバエ注意喚起チラシ1ミバエ注意喚起チラシ2
 

ページのトップへ