保険料還付に関する不審電話について

  1. 保険料還付に関する不審電話について

最終更新日:2021年06月11日

竹富町役場健康づくり課よりお知らせです。

沖縄県内において、役所職員を名乗る男性より、「介護保険と医療保険の保険料について払い戻しがあるが手続きがされていないので、近くのATMに行くように」等の指示をする電話が確認されています。

町役場や沖縄県後期高齢者医療広域連合が、還付金についてATM等を案内することはありませんので、怪しい電話等があった場合には、まずはご家族や身近な方、町役場等へご相談下さい。

事例(宜野湾市):被保険者Aより宜野湾市へ問い合わせがあり発覚。
令和3年5月31日、市内の被保険者A宅の固定電話に、宜野湾市保険課を名乗る男性より電話がかかってきた(氏名、時間不明)
内容は、「介護保険と医療保険の保険料について払い戻しがある。去年11月に明細書を送っているが手続きがされていないので電話した。」「H26~H30の5年分の見直しをしたところ差額として38,400円の払い戻しがある。」と説明を受けた。
Aが書類の再発行を依頼したところ、「手元に書類がなくても出来る方法がある」と言われ、普段利用している金融機関を尋ねられたため、金融機関の情報(沖縄銀行 普天間支店)を伝えたところ、「こちらから沖縄銀行へ連絡し手続きをする、後から沖銀より電話がかかってくるので待っていてください。」「(お家の)近くのかねひで野嵩店にATMがあるのわかりますか?そこに通帳とキャッシュカードを持ってきて下さい。」なのどの説明を受けた。(先方はAの名前を知っていたとのこと)

上記の電話後、沖銀コールセンター タケモトと名乗る男性より入電

15時までにかねひでのATMに行き、ATM前に着いたらコールセンター宛てに電話するよう説明を受けた。(コールセンター電話番号:050 3629 0765)
何時頃になりそうか確認があったので「何時になるかわからないが、15時までには行くようにします。」と伝えた。携帯番号を聞かれたので伝えてしまった。

上記の電話後、不審に思い沖縄銀行へ問い合わせ問い合わせ

先程、聞き取ったコールセンターの電話番号を伝え確認したところ「お客様センターはあるが、コールセンターというものは無い。」という説明を受けた。また、電話番号を調べてもらったところ、番号の存在が確認できないとのことで「詐欺と思われるためATMへは行かないように」との話があった。※沖縄銀行に電話番号を確認してもらっている間に役所へも電話したが、何故か繋がらなかった。(14時頃)

上記の電話後に再度、役所へ電話
以上

竹富町役場及び沖縄県後期高齢者広域連合から還付金について、ATMに案内することはありませんので、ご注意下さい。

問い合わせ先【沖縄県後期高齢者広域連合
 

このページは健康づくり課が担当しています。

〒907-8503 沖縄県石垣市美崎町11番地1
Tel:0980-82-7519   Fax:0980-82-3745
E-mail:kenkoudukuri@town.taketomi.okinawa.jp

ページのトップへ