高齢者の窒息事故防止に関する注意喚起

  1. 高齢者の窒息事故防止に関する注意喚起

最終更新日:2019年01月10日

 これから迎える鏡開きで、もちによる窒息事故発生の可能性が高くなります。お気をつけください。

 ●高齢者は
  ・歯や噛む力の衰え
  ・唾液量の減少、飲み込む力の弱まり
   →もちによる窒息のリスクが高まります

 ●おもちを食べるときは
  ・小さく切る
  ・おもちを食べる前にお茶や汁物を飲んでのどを潤す
  ・よく噛んで唾液とよく混ぜ合わせてから飲み込む

 消費者庁の調べによると、もちによる窒息事故は1月に年間の救急搬送者数の約3割と最も多く、男性に多く発生しているそうです。

・高齢者の窒息事故に注意

このページは産業振興課が担当しています。

〒907-8503 沖縄県石垣市美崎町11番地1
Tel:0980-82-6191   Fax:0980-82-6199
E-mail:sangyou@town.taketomi.okinawa.jp

ページのトップへ