竹富町における新型コロナウイルス感染症への対応について(第27報)

  1. 竹富町における新型コロナウイルス感染症への対応について(第27報)

竹富町における新型コロナウイルス感染症への対応について(第27報)

 竹富町民、関係者の皆様には、日頃から新型コロナウイルス感染予防に関してご理解とご協力をいただき誠にありがとうございます。
昨年末に沖縄県が発出した「年末年始の医療崩壊回避のための緊急特別対策」に基づき、本町においても年末年始の感染症対策に取り組んでまいりましたが、町民、関係者の皆様のご協力により、年末年始における町内での陽性者は確認されておりません。改めて町民、関係者の皆様のご協力に感謝申し上げます。
 一方、石垣市内においては、直近1週間で多数の陽性者が出ており、感染の拡大が非常に懸念されています。このまま陽性者の増加が続くと、医療崩壊を引き起こし、新型コロナウイルス感染症の患者のみならず、他の病気の治療にも大きな影響が出ることが予想されます。
 1月6日に陽性と確定された町職員(男性・30代)と接触のあった職員等については、7日、8日にPCR検査を実施し、すべて陰性との検査結果が出ました。これに伴い感染対策の一環として、本庁舎等で行う業務を二交代制で実施いたしますので、町民の皆様、関係者の皆様のご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。
 昨日1月7日、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県に対して、国の緊急事態宣言の発令が決定され、本日8日から2月7日までの1か月間、飲食の場を中心として具体的な対策が講じられることになりました。また、沖縄県においても国の緊急事態宣言に基づき、飲食店の営業時間短縮の取り扱い等を含め、今後の対策に係る方向性を定めています。竹富町においても、国や県が示す感染症対策を踏まえ、下記のとおり注意喚起を図ることとしたので、町民、事業者及び来訪者の皆様にはご協力をお願いします。
 
<感染リスクが高まる「5つの場面」注意>
1.飲酒を伴う懇親会など
  酔って注意力が低下する。食器の共用でも感染のおそれがある。
2.大人数や長時間におよぶ飲食
  大声になり、飛沫が飛びやすくなる。
3.マスクなしでの会話
  近距離だと飛沫感染の危険性が高い
4.狭い空間での共同生活
  閉鎖的な空間で一緒に暮らし、トイレなどを共有することで感染しやすくなる
5.居場所の切り替わり
  仕事の休憩時などに気の緩みが起きやすい
 
以上、町民、事業者及び来訪者の皆様には感染防止の意識を強く持って行動をお願いいたします。
発熱や咳などの体調の異変や心当たりのある方は「竹富町コロナ特設相談窓口」や「新型コロナウイルス感染症相談窓口(コールセンター)」をご利用くださいますようお願いいたします。

 
令和3年1月8日    
竹富町長 西大舛 髙旬
 
■新型コロナウイルス感染症相談窓口(コールセンター)
番号:098-866-2129(24時間対応)
※上記コールセンターより、新型コロナウイルス感染症の検査を医療機関で受診するよう勧められた方
は、病院や搬送、待機施設の手配が必要となるため、必ず下記の「竹富町コロナ特設相談窓口」に連絡
してください。
■竹富町コロナ特設相談窓口(竹富町役場代表番号)
番号:0980-82-6191 ※平日、土日、祝日の9:00~16:00
 

ページのトップへ