町政情報

竹富町へのアクセス

 

北緯24度線上に浮かぶ島々で成り立つ竹富町

 沖縄本島から南西に450kmの八重山諸島、石垣島の南西に点在する大小16の島からなる。

 最大の島は県下でも2番目に大きい西表島、また、日本最南端の有人島波照間島・竹富島・小浜島・黒島・鳩間島・新城島・嘉弥真島の島々からなり、東シナ海と太平洋に翡翠玉のようにちらばる。

位 置

竹富町は、琉球列島の最南端八重山郡に属し、石垣島の南西に点在する16の島々(有人島9つ、無人島7つ)から構成される、総面積334.02km2、東西約42km、南北40kmの広範囲に及ぶ。町役場を八重山経済の中心地(石垣市)に置く、特異な行政形態となっています。

 

・東端(竹富島)

北緯24度19分15秒

東経124度6分7秒

 

・西端(仲御神島)

北緯24度11分33秒

東経123度33分18秒

 

・南端(波照間島)

北緯24度2分44秒

東経123度47分18秒

 

・北端(鳩間島)

北緯24度28分38秒

東経123度48分58秒

 

気 象

 東支那海の南方に位置し、四面を海に囲まれた本町は、四季をとおして気温の変化が少ない。過去における年間平均気温は、23.7℃、湿度79%、年平均降水量2342.3mmと、温暖多雨亜熱帯性気候である。

 雨量は、特に梅雨期と台風期に集中的な豪雨が多い。しかし、台風の少ない年の夏場は、干ばつに見舞われることもある。

このページの上に戻る