各課別メニュー

児童扶養手当・特別児童扶養手当

 

 

児童扶養手当について
 
 
父母の離婚等により、一人で児童を扶養している人に対し、児童の福祉の増加を図ることを目的として支給される手当です
 
○対象者
 次の条件にあてはまる児童(今年度末時点で18歳以下の者。心身に中程度異常の障害を有する場合は、20歳以下の者)を監護している人
 
  ①父母が離婚した児童
  ②父または母が死亡している児童
  ③父または母が重度の障害にある児童
  ④父また母の生死が明らかでない児童
  ⑤父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童
  ⑥父または母が引き続き1年以上拘禁されている児童
  ⑦母が婚姻によらないで産んだ児童
  ⑧父母とも不明である児童
 
○申請方法
 必要書類を揃えていただき、役場窓口で申請していただきます
  ※申請される方の状況により必要書類等が違ってきますので、必ず事前にお問い
    合わせください
  
■必要書類(参考)
   ①戸籍謄本
   ②印鑑
   ③保険証
   ④年金手帳
    ⑤その他必要と認められる書類
   ⑥個人番号 (マイナンバー)
 
○支給額
   《平成28年4月現在》
分   類
全部支給
一部支給
月額支給額
42,330
42,320~9,990円
 
※対象児童が1人の場合の手当額です。児童が2人の場合は上記金額に10,000円加算、3人目以降はさらに6,000円ずつ加算されます (平成28年8月以降)
 
※手当額(一部支給)は所得額に応じて決定されます
 
 
 
 
 
※児童扶養手当の受給の認定を受けた方は、毎年8月に『現況
 
届』を提出する必要がありますので、忘れずに手続きをお願いします。
 
 
 
 
●問い合せ先●
竹富町役場 福祉支援課 児童扶養手当担当 
                 電話番号 0980-82-6191
 
 
 
                 
 
 
 
 

特別児童扶養手当について

 

20歳未満の身体や精神に障害がある児童を養育する父母又は養育者に対し、児童の福祉の

増進を図ることを目的として支給される手当です

 

○対象者

 20歳未満で、法令にめる程度の障害の状態にある児童を養育する父母又は養育者

 

 ※次のような場合は、手当を受けることができません

  ①養育している障害児が日本国内に住所がないとき

  ②養育している障害児が児童福祉施設等に入所しているとき

  ③養育している障害児が当該障害を支給事由とする年金を受取ることができるとき

  ④受給者が、日本国内に住所がないとき

 

○申請方法

 必要書類を揃えていただき、役場窓口で申請手続きを行い、県知事の認定を受けた後、支給となります

  ※申請される方の状況により必要書類等が違ってきますので、必ず事前にお問い合わせください

  

■必要書類(参考)

   ①戸籍謄本

   ②住民票

   ③診断書もしくは障害者手帳または療育手帳

   ④印鑑・通帳

   ⑤その他必要と認められる書類

  

○支給額

  ●重度障害児の場合・・・1人につき月額51,450円 (平成29年4月以降)

  ●中度障害児の場合・・・1人につき月額34,270円 (    〃      )

    ※手当額(一部支給)は所得額に応じて決定されます

 

★詳細はこちら ⇒ 県のホームページへ移動します

 

 

 

※特別児童扶養手当の受給の認定を受けた方は、障害別に2~

 

  4年の有期認定期間が発生します。期限が切れる3ヶ月前か

 

  更新の手続きが必要となりますので、忘れずにお願いします。

 

 

 

 

 

●問い合せ先●

竹富町役場 福祉支援課 特別児童扶養手当担当 

                     電話番号 0980-82-6191

 

 

 

このページの上に戻る