各課別メニュー

竹富町人口ビジョン及び総合戦略について

竹富町人口ビジョン及び総合戦略について

現在日本の総人口は約1億3千万人ですが、2110年には約4千3百万人にまで減少すると予測されています。これを約1億人で維持するための取り組みとして「まち・ひと・しごと創生」がスタートし、本町においても人口の展望を示す「竹富町人口ビジョン」と取り組むべき具体的な施策である「竹富町総合戦略」を策定しましたので公表いたします。
策定にあたり、町民の皆様及び中学3年生の皆様には、「竹富町の50年後の将来を考えるアンケート」にご協力いただき、誠にありがとうございます。皆様のご回答を踏まえて、産官学金労言により構成された、竹富町総合戦略策定推進委員会等で具体的内容を検討してまいりました。
 ※産業界・行政機関・教育機関・金融機関・労働団体・メディアのこと
1.竹富町人口ビジョン

 本町の人口構成は若い世代が多く、出生数(子供の数)は近年安定して推移しています。一方で、近年は約500人という非常に多くの人が本町に転入してきますが、転出者も同程度みられ、定住化が課題となっています。

近年の人口動向が今後も同様に続いた場合、2060年までの総人口は下記のように推計されることから、目標を約5,000人と定めました。しかし社会情勢の変化によっては人口が減少に転じる可能性も十分ありますので、人口増に向けた取り組みを進めることが大切です。
2.竹富町総合戦略

 竹富町人口ビジョンで掲げた目標の達成を目指し、町の活性化を推進するために、総合戦略では4つの基本目標と数値目標を定めました。さらに、基本目標の実現に向けて取り組むべき具体的な施策を掲げました。

-以下のページからご覧いただけます。-

 

 
このページの上に戻る