各課別メニュー

出産育児一時金(国保)

 

 

竹富町国民健康保険に加入している方が出産したときに支給されます。

妊娠85日以上であれば、死産・流産でも支給されます。

(竹富町国保以外の方は、勤務先などに申請してください。)

 

出産育児一時金は原則として、

国保から直接医療機関に支払う「直接支払制度」が導入されています。

 

出産育児一時金の金額

  42万円(産科医療保障制度に加入していない医療機関で出産した場合は39万円)

 

支給方法

 医療機関へ直接支払われます。(医療機関と直接支払制度の合意が必要です)

  ※直接支払制度とは、お手元に現金がなくても安心して出産できるようにするため、

  かかった出産費用に出産育児一時金を充てるよう、竹富町から医療機関へ直接支払われる制度です。

 

出産費用が42万円(または39万円)以下の場合には竹富町から差額分が支給されます。

 出産後、申請が必要です。(町役場または各出張所にて申請可)

 

手続きに必要なもの

 □ 国民健康保険出産育児一時金等内払金支払申請書

 □ 保険証

 □ 印かん(認印可)

 □ 出産費用の明細書(42万円以下・産科医療保障制度加入の押印があるもの)

 □ 振込先の通帳(世帯主名義の口座)

 

留意事項

・妊娠85日(妊娠12週)以上の場合、死産・流産の場合にも支給されます。申請の際には医師の証明書が必要です。

・会社を退職後6ヵ月以内に出産した方は、以前に加入していた健康保険から出産育児一時金が支給されることがあります。

 (1年以上継続して会社に勤務していた場合に限る)これによって支給を受けた方は、国保からは支給されません。

・出産後2年で時効となり、申請ができませんのでご注意ください。

・直接支払制度を利用しないことも可能です。

 その場合は出産費用をいったん医療機関などにお支払していただくことになります。

このページの上に戻る