各課別メニュー

竹富町eLTAX利用開始について

竹富町eLTAXは、平成24年11月28日(水)より利用開始となります。

竹富町eLTAXの概要

●eLTAX(エルタックス) = 地方税ポータルシステム
●electronic Local TAXの略

■eLTAXとは
eLTAXとは、地方税ポータルシステムの呼称で、地方税の手続きを、インターネットを利用して行うシステムのことです。eLTAXは地方公共団体で組織する「(社)地方税電子化協議会」が運営を行っています。

■eLTAXで利用できる手続(税目)は
・個人住(町)民税(給与支払報告書の提出など)
※個人の方の町(県)民税申告には対応していません。
・固定資産税(償却資産の申告)
・法人住(町)民税(法人住(町)民税の申告)
・申請・届出(法人設立・設置届出書、異動届、特別徴収義務者の異動届出書)

■eLTAXの利用開始について
竹富町では平成24年11月28日(水)から利用開始となります。

■メリット
・地方税の申告が郵送や窓口に出向くことなく、インターネットで自宅や事務所内から簡単にできます。
・複数の地方公共団体(eLTAXの運営に参加している地方公共団体に限ります)への申告が、まとめて1回のデータ送信で行えます。
・eLTAX用の無償ソフト「PCdesk」で申告書の作成が簡単にできます。
※eLTAX利用のための専用ソフト「PCdesk」をeLTAXホームページからインストール無償にてできます。
・eLTAXに対応した市販の税務・会計ソフトで作成したデータでもそのまま申告できます。

■eLTAXの利用手順
<利用するためには、次の手続が必要です!>
手順①電子証明書を組み込んだICカード(住民基本台帳カードなど)を取得します。
※税理士等が関与する電子申告には、納税者の電子証明書は不要です。
手順②利用届出を行います。
手順③e-mail で「手続き完了通知」を受け取ります。
手順④PCdeskを入手します。
【注意】利用届出の受付手続きが完了するまでには土日休日を除き数日程度の時間がかかります。利用開始を希望する時期よりも前に、十分な余裕をもって利用届出を行ってください。

<申告の手続き>
手順①申告データを準備します。ソフト「PCdesk」で、利用届出時に入力した情報等をもとに、申告データのひな型を作成します。
手順②申告データを入力(作成)します。ソフト「PCdesk」かeLTAX対応の市販の税務会計ソフトで申告データを作成し、電子署名を付与します。
手順③申告データを送信します。利用者ID や暗証番号を入力し、ポータルセンターにアクセスした後、データを送信してください。
手順④受付結果を確認します。各利用者ごとにメッセージボックスが用意されますので、データの受信結果や送信データの内容を確認することができます。
 

このページの上に戻る